Fukushimafrogsの運営体制変更に向けた収支報告

令和4年11月9日

関係者・支援者・応援者の皆様


Fukushimafrogs実行委員会 代表 大川 翔


Fukushimafrogsの運営体制変更に向けた収支報告


拝啓 貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、私、大川翔が代表を務めるFukushimafrogs実行委員会(以下、当団体)は、以前ご報告した通り、当団体の運営をFROGS社に全面移行することになりました。


その後、ご希望の方に返金のご対応をさせていただきましたので、下記の通り改めて収支報告をさせていただきます。

差引残高 3,582円は、今後の当団体の運営に充てさせていただきます。 


<収支報告書>

会計に関する現金・預金・書類・領収書につき、和田智行が監査した結果、報告書に示されたものと相違なく、使途も明瞭かつ正当であったことを証明します。


最後までFukushimafrogsの選抜生の応援を引き続き、よろしくお願い申し上げます。

敬具


閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示