top of page
  • fukushimafrogs

【LEAPDAY 2022 レポート】1期生が走り抜けた6ヵ月間の集大成

2022年12月10日(日)に『LEAPDAY Hitachi2022~One Action~』を開催することができました。


ご参加くださった皆様、ご協力くださった皆様、ありがとうございました!


★写真撮影:合同会社JOYNS代表 高木さま


======================


▼LEAPDAYHitachi2022ダイジェスト動画

制作:むらたゆうきさん(茨城大学生)


======================



Fukushimafrogsにとって初めてのLEAPDAY。 今回は、常陸frogsと合同で、さらに、茨城大学さんと共催で実施し、現地147名、オンライン119名、合計266名の方にご参加いただきました。


今回のテーマは「One Action」。

茨城大学さんの講堂を舞台に….



ゲストのパッション溢れる講演と地域へのメッセージ。



そこに官民学のアントレプレナーシッププログラムを経験した学生たちのプレゼンピッチ。

茨城大学主催のビジネスプランコンテストのファイナリスト。


茨城県が主催するIBARAKIドリームパス企画戦略チーム。


半年間プログラムをやりきった 福島frogs1期・常陸frogs4期の選抜生。






どこのチームも大人側が登壇をジャッジしたわけではなく、学生たち自身で手をあげてのエントリーでした。


また、初めての取り組み『2022年行動した何かがわかる展示物「Action Lab.」』には、学校関連8団体、企業5社、地域プロジェクト3団体がエントリー。ブースを中心にいろんな方々の交流が生まれていました。






さらに、LEAPDAYに関わりたいという18名の高校生/大学生が、当日のボランティアスタッフとして共に場を盛り上げてくれました。 彼らが話していた「3年間、何かやろうにも関わる場所がなかった」という言葉。徐々に社会の雰囲気が変わり、「また何かを始められる」そんな空気がまた戻ってきたと思います。

LEAPDAY開催に際し、お力添えをいただきました皆様に、心より感謝申し上げます。



来期のLEAPDAYは...2023年12月10日(日)に開催します!!

会場でお会いできることを楽しみにしております!!


閲覧数:82回0件のコメント

Comments


bottom of page